FC2ブログ

イチジクと愛玉子

Category : おいしいモノ
20060913191550.jpg

常々、旬の短い果物に惹かれるという話をしておりますが、このいちじくもその部類に入るのではないかと思います。・・・って言うか、『イチジク』って多分保存があんまり効かないんですよね。取ったらすぐ食べるのが基本。なので旬が短い様な気がするのかもしれません。

健康に良く効能が色々あるイチジクは、昔、民間医療薬の一つとしてどこの家の庭にも植えてある様な木だったらしい。アダムとイブの体を隠した葉もイチジクだと言うし、歴史も結構古い。
考えてみたら、あの実の中に種子があって、果実の中で花を咲かせて・・なんていう感じもかなり原始を感じさせる(笑)。20060913222857.jpgちなみに、スウハで夏のメニューとして出す『愛玉子』。オーギョーチーという名前の方が有名ですが、コレもイチジクと同じクワ科の植物。果実が乾燥するとパコっとひっくり返るのでそのカサカサの種子を袋にいれ、水の中でもみもみします。そうすると中からペクチンが流れ出し、自然に固まる(もちろん味もない)・・というなんだか訳の分からないゼリーみたいなモノなんですが(苦笑)、
ゼラチンとも寒天ともくずきりとも違うホロッとくずれるゼリーに氷とレモンやライムのシロップをかけてつるんと食べる台湾の有名なデザートです。
こんな食べ方考えるのすごくない?!と思うけど、それもやっぱり健康に良いからなのかなー?と
思いつつ、(乾燥しても効能は一緒かどうかは不明ですが)私はシンプルに丁度よく熟したヤツをキュッと冷やしてそのまま食べるのが一番好き。
食べ時がまたむづかしくて、熟れ具合やお尻の割れ具合の良い『おいしい』時はすごく短い。スウハの隣の川沿いのイチジクの木は、誰の所有か分からないので旬をねらって争奪戦です。
今日も、スタッフが「もうちょっとで、いい熟れ具合だなぁ・・って2-3日前から狙ってたイチジク、散歩のおじさんに取られちゃいました~っ」と言って泣いてました。

そんなところに今日、とても育ちのいい無農薬のイチジクをいただきました。沢山いただいたので半分はそのままガブリと。そして残りの半分はコンポートにします。
季節の果物は、まるで念じているかのごとく(苦笑)いい子ちゃん達がスウハに集まる。ありがたや、ありがたや。

ちなみにオーギョーチーはこんな感じに作ります。



→続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

su-ha

Author:su-ha
お店のHPはこちらから。

カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ちょこちょこ行くトコ
カウンター
ブログ内検索
過去ログ