FC2ブログ

周杰倫

Category : movie&music&book
以前ブログで、周杰倫(ジェイ・チョウ)について書いた事があるのですが、アレ以来どうもスウハでは彼の人気が高い。
スタッフに別のアルバムも聞きたーいっ!とせがまれamazonで買っちゃったりもした。
店内で何枚も聞いている内に、ものすごく耳に馴染んできて彼のCDがデッキのローテーションでかかるとなんとなく「あっ‥」とか思う様になってたりして。
スタッフ数人とそんな話をしていたら、Kちゃんが「私、ずっとジェイの事(最近では親しくなって彼の事をジェイと呼ぶのだ(笑))嫌いじゃないなぁ・・と思ってたんですけど,最近『嫌いじゃない』んじゃなくて『好き』なんじゃないかと思うんですよ~~」と言った。そしてMちゃんはCDとセットになっているPVをお持ち帰りし,日夜研究しているらしい。
あぁぁ~・・・そうなの?!もしかして。
でも考えてみたら、店で聞いて車の中でも時々聞いて、それでもまだあんまり飽きない。
言葉も分からないので歌詞の意味は不明だし、曲がいいのかリズムがいいのか、はたまた彼のありそうでなさそうな見えないオーラに引っ張られてるのか(苦笑)・・・・。
J.jpgなんとなくジェイ好きかも?な自分になぜか納得が出来なくて、昨日とうとう『頭文字D』を借りてきてしまいました。
ヤングマガジンで連載中の人気漫画が原作のジェイチョウ主演香港映画。
物語の舞台も配役名も完全日本なのに、なぜか全編広東語という不思議さと、「これ映画化はどうなのよ?」という不信感とで元々眉唾だと思っていたので、香港映画好きな私も手を出さずにいた作品なんだけど。
でも,「インファナルアフェア」シリーズのスタッフ&キャストが総出演というし、もしかして、そんなに悪くないのかも・・と淡い期待を抱きつつ、いざ。

・・・これがねぇ、案外悪くないんですよ。いや、そりゃねストーリーとかかなり無理があるし、内容もほぼ無いに等しい(泣)。漫画っぽいし、映画としては?な感じではあるんですが・・・。
っていうか、この映画を案外楽しめた自分てすでにジェイファンなんじゃないかと自問自答です。
ルックスがいい訳ではないし、地味ーな感じで特に好みじゃないんだけどなぁ・・ブツブツ。
なんとか音楽性が好み・・という事で丸く納めたい(苦笑)。
大体このジェイチョウという人、日本で言ったら『誰』な感じなの?アイドル?
なんだか分からないけど、なんとなく気になる・・20代にしてアジアのカリスマアーティストと呼ばれる所以か。おそるべし周杰倫(ジェイ・チョウ)。なんと長者番付けも1位なんだって。

ちなみに、映画の中で一番いい味だしてたのは、やはりこの人
写真はかなり変なおじさんですけどね。ふふ。

スポンサーサイト



プロフィール

su-ha

Author:su-ha
お店のHPはこちらから。

カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ちょこちょこ行くトコ
カウンター
ブログ内検索
過去ログ