スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルパイ

Category : アレコレ
20071028170553.jpg

リンゴの季節になりました。この時期スウハでは、タルトタタンとアップルパイを仕込みます。
スウハのアップルパイは、五香粉というスパイスとバナナをミックスしてちょっとアジアンテイスト。20分程お時間をいただいてその場で熱々に焼いてお出しします。
上にはバニラアイスをたっぷり!!

この季節だけのお楽しみ、ご来店の際はぜひお試しを。

スポンサーサイト

ベトナム風 コロッケ

Category : food
新しいメニューが登場しました。
20071025143104.jpg

このコロッケはベトナム北部の家庭料理。普通のコロッケとは違い、お米の皮で具を包んで、それに卵やパン粉などで衣をつけて揚げるものです。
中身はなんでも良いんですが、どうやら海鮮ものなどサッパリしたモノを入れる事が多いみたい。

スウハのコロッケの中身は蟹肉とちいさなホタテ。それに野菜をプラスしてマヨネーズベースのタレで和えた具をタップリ詰めました。外側のサクサク感と皮のモッチリ感、そして具材に絡まるクリーミーな感じがなんともおいしい軽ーい食感のコロッケです。

生命力?

Category : アレコレ
20071024124928.jpgスウハでは、週に一回タイやベトナムの食材を専門の業者さんから仕入れています。調味料を始めとし、空輸されてくる唐辛子やレモングラス、それからパクチーなどの生鮮もお願いしているので、スウハのアジア野菜はタイ直産なんですが。
20071024124945.jpg久しぶりに空芯菜を仕入れたら、花が付いていました。まさか咲かないでしょ~と思いながら一応グラスに差しておいたら、ななななんと!花が開きましたよ~(^^)。自然の生命力にびっくりですね。


この空芯菜は葉っぱと共に炒め物などによく使われます。葉は火を通すとぬめりが出て、茎のシャキシャキ感との差がまた美味しいのですが、
今回のメニューはこちら↓
20071024125049.jpg

空洞の茎を裂くタイやベトナム独特のキッチンツールで、ピ~ッと裂くとクルッと丸まってシャキシャキに。歯ごたえのある繊維質たっぷりのアジア定番のサラダです。

あの頃ペニーレインと

Category : movie&music&book
20071020220731.jpg相変わらず7-80年代に凝っております(笑)。
今回見たのは、70年代にたった15歳でローリングストーン誌のライターとしてデビューした少年(この映画の監督自身だそうですが)の目から通して見た、当時のロックミュージックの世界とそこに関わる女性達への賛美を描いた映画。
15歳の彼がひょんな事から文才を認められ、ブレイク寸前のミュージシャンを取材する事になりツアーに同行するのですが、そこで起こる彼にとってほとんど初めてだらけの毎日の中で、全てを見たまま感じたままに記事にしたいと思う気持ちと、彼らを尊敬する気持ち、そしてミュージシャン達との仲間意識。
”ライターとミュージシャンの関係は味方か敵か?”そこに生じる大きなジレンマが彼を悩ませるのだけれど、最終的な答えはやはり愛と正直さなんだなー。

『バンドエイド』と呼ばれるミュージシャンにとってのミューズみたいな存在の女性達や少年の初恋、どれもこれもキュンとなる要素が一杯。そして何より音楽に対する愛が満ちあふれている、楽しくて切ない映画でした。

ちなみに、この『バンドエイド』は『グルービー』とは違うらしい。グルービーがミュージシャンの”おっかけ”だとしたら、バンドエイドの女の子達は音楽を愛しバンドを愛しミュージシャン達の成功への手助けを真剣に考え応援しているのだそうです。
そして、このバンドエイドのリーダー的存在で主人公の少年の初恋の相手がペニーレインなんですが、彼女を演じているケイト・ハドソンがものすごく素敵。
『彼女が微笑んでくれるだけで、すべてが光に包まれる。≪切ない≫って息苦しいことなんだ』というキャプションが映画についていたけれど、純粋さと妖艶さを併せ持つ圧倒的な存在感は、まさにキャプション通り、ホントに魅力的でした。

ところで。
主人公のウィリアムがロックに開眼するのは、厳格な母親と折り合いの悪かった姉が家を出る時に置いて行った1枚のレコード(The whoの”Tommy")。
このシーン、台詞も含めて大好き!
何の気なしに手にしたモノがきっかけで人生が変わる事がある。モノも人も事も出会いは全て必然で、必要なものは必ずやってくる。あとはそれが必然だと気がつくアンテナを磨いておく事だけが自分に出来る努力のような気がします。日々鍛錬なワケですね(笑)。

tom's sandwitch

Category : おいしいモノ
20071018163927.jpg用事があって代官山へ。
時間もないし、軽くお昼を食べようという事で、もう、ほんと!久しぶりにtom's sandwichへ行きました。多分10年以上ぶりだと思いますが、変わらない店がまえにもメニューにも懐かしーい気持ちに。サンドイッチはどうかなー?と思いながらオーダーしたらやっぱり昔のまま。
厚くてでも軽いボリュームタップリのパンにこれでもかと言う位タップリの具。
シンプルで、でも計算された美味しさに嬉しくなってしまいました。
久しぶりに食べたら、なんだか又すぐ食べたくなってしまった。
ずーっと昔、初々しいデートした頃を思い出してニヤけたのは言うまでもありません(笑)。
味覚や音楽は思い出に大きく加担するんだな、きっと。

ケーキ三昧

Category : sweets/drink
ケータリングの注文を頂きました。
ケータリングは、私の中でいつか手をつけてみたいジャンルの一つ。なので大変だけど楽しそー!と思っていたのですが、日程がちょうど隣の貸しホールでのイベント開催と一緒になってしまい出張クッキングはあえなく断念。そのかわり料理を取りにきていただくデリバリー形式で、注文をお受けする事にしました。
3日間で80人程のパーティ。軽くつまむものとケーキを何種類か・・という内容でしたが、やってみるとけっこう大変!イベントから流れるお客様がティータイムにいらっしゃる事が多かったのもあって毎日毎日、ケーキばっかり焼いてた気がします。
20071018150834.jpg

3日間で、焼いたホールケーキはなんと18個!ケーキ屋さんならいざ知らず、小さなオーブン一つしかない狭ーいスウハの厨房で素人の私達がこの数をこなすのは、ものすごい勉強になったけど、それにしてもものすごい稼働率でした。もちろんそんなに高度なケーキではなくシンプルな焼き菓子ばかりなのですが、それでももう、イッパイイッパイだー!!!!(苦笑)。

久しぶりに沢山ケーキを焼いて、焼き菓子の難しさや奥の深さをしみじみ感じた3日間。
いつか教室とかにも行きたいなー。
そして、特定のだれかの為にもしくは何かの為用に料理を作るっていうのはやっぱり楽しい。
ケータリングは、私にとっての大事なキーだなぁ・・とつくづく。
その事はいつも頭や心のどこかにちゃんとキープしておこうと思った3日間でした。

デトックス

Category : アレコレ
近所にデトックススパが出来た。元来、私はエステとかスパとか苦手。だいたいどこもピンクな内装なのがちょっと引く。あんまりゴージャスな感じも気恥ずかしいし、日本なのにアジアな感じもちょっとなー?と思う。かといってあんまりローカルだと生活感が気になっちゃってリラックス出来ない。
衛生面もある部分のみ(!)案外潔癖性だったりして・・・と、書いてるだけで偏屈だ(笑)。
それに、やってもらっているのはCMやポスターで気持ち良さそうにリラックスしてるきれいなお姉さんじゃなく、私なのだ。考えるとやっぱりなんとなく苦手ーーー!と思いつつ、あまりの疲れと知り合いがいるのでよかったらと言ってくれた知人がいた事もあってひょこひょこと行って参りました。こじんまりとしていて、あまりシステム化されてない感じで良かった(ホッ)。

20071018140556.jpg私が今回お願いしたのは、ゲルマニウム温浴とハーブ蒸し座浴。
座浴は初体験でしたが、これ、私好きかも(笑)。簡単に言えば、裸で首から下にビニールかぶって穴の空いた椅子に座り、穴の中から出てくるお湯で焚き出した湯気とハーブで汗だくという仕組みなんですが、外だけじゃなく体内から温めて老廃物を出すのだそうです。およそ20分間ただただホケ~ッとしてるだけでびっくりするような汗が出ました。椅子もゆったりして寄りかかれる座り心地の良いものだったし、座ってるだけと言う楽チンさもずぼらな私には向いてたみたいです。



その日の体調にあわせて焚き出すハーブを配合してくれるので、簡単なチェックシートを提出するのですがあまりにチェックの多さに担当の方も苦笑いでした。
私も自分でチェックしてて、申し訳なくなっちゃった。

むくみも消えて、すっきり!
気持ちよかったので又行きたいと思いまーす。

ごめんなさい

Category : cafe の事
イベントやら、ケータリングやら、スタッフが事故ったり結婚したり、新しいスタッフの面接やったり・・・・もう!すっごいバタバタしてて更新が出来ないっス!

ネタはいくつか確保済みなので、来週まとめてアップしま~す。
読んで下さっている少数の皆様。ごめんなさい。しばしお待ちを。

ふと考えた

Category : アレコレ
友達と秋の味覚を堪能して(和食サイコー!)、あんまりお腹が一杯になったので少し歩いて帰る事にしました。沼津市内を大きく流れる狩野川にかかるこの橋は、歩行者専用。
20071003222212.jpg
10年近く前に出来たのに、なんと!私は初めて歩きました。
気候も気持ちいいし、ほろ酔いだったので橋を渡る風も気持ちいい。川の両側にある公園を挟んで一直線なのも良い感じだし、向こうに見える別の橋の風景もいい↓。
20071003222228.jpg

でも、公園を含めここで遊んだりたまったりしちゃいけないんだそうです(例えばスケボーとか)。
分かる様な、分からない様な・・・。
便利さだけを求めて作られた訳ではないだろうに、なんかちょっと残念な気もしますねー。
遊ぶ側の意識の向上と開放する側の気持ちの開放、その両方が歩み寄れると、もっと幸せな街が出来るんじゃないかなーとぷらぷらしながら思った夜でした。




annie hall

Category : movie&music&book
20071002210800.jpgあいかわらず一昔前の映画にハマってます。今日はコレ。

ウッディアレンの映画って若い頃に見てもむずかしくって良く理解しきれなかった様な気がする。20代最初の頃見た時には、起承転結も分かりやすくないし、ブラックでシニカルな台詞のセンスも受け取きれなかったような・・・。ユダヤ人である彼のバックグラウンドもいまいちよく分かってなかったし。
久しぶりに見たら、すごくおしゃれで粋で切なくて、でもちょっと笑っちゃって・・・とすごく楽しめました。病んでる感じもこれまたなかなかいい。そして何より60年代のニューヨークの町並みとダイアンキートンの着るラルフローレンがものすごくいい。マニュシュに着こなすかっこいい姿を見るだけでも一見の価値あり。おしゃれしたくなります。

そしてつくづく思いました。何歳になっても恋愛のノウハウは身につけられないのかもなぁ・・って。私の場合、大人になりきれないんだか大人になってもよくわからないんだかすらよく分かっておりませんが(笑)。

プロフィール

su-ha

Author:su-ha
お店のHPはこちらから。

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ちょこちょこ行くトコ
カウンター
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。