スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに。

Category : アレコレ
ずーっと前に歯医者へ行った時
『ここ、虫歯になりやすい場所だから気をつけてね』と言われた左の奥歯。

ご飯食べてたら、カリッと音がしてほんのちょっと欠けてしまった。

・・あれ?気をつけてたし、虫歯にはなってないハズなのになー。
どーしよー?痛くないしこのままでいいかなー?目立たないしな・・・。
ブツブツだらだらと言い訳をしていたら、最近なんとなく痛い様な気がしてきた。


『小さい虫歯なんだから、今ならすぐ治るから早く行った方がいい』と
説得され、何となく痛いかな?と思う回数も増えて来たので
渋々歯医者へ行く事にしました。

・・・歯医者苦手。怖い。あのキーッという音を聞くだけで頭痛くなるし。
口の中でシューッと空気かけられるのも、長い時間、口空けてるのもみんなイヤ。

--------------と思ってたんだけど。




→続きを読む

スポンサーサイト

『Sweet Rain 死神の精度』

Category : movie&music&book
よく思うんですが
私は、その時々に見る映画のタイプが偏る。
ライトな映画ばかりを見る時もあるし、重たいテーマの映画をじっくり見たい時もある。

それって、どうも自分の日常と関わりがある気がするんですよ。
考える事がいっぱいで、あんまり気持ちに余裕のない時は、ムヅかしくない映画を無意識に選んでいるし、毎日なんか平凡で退屈だなーとか思ってる様な時には、非日常な!とか壮大な!とか劇的な!とか熱い!とかうっ!!とか、全体的に激しさの残る映画を見てる気がする。

最近は、やり場のない悲しみとか怒りとか、切ない気持ちとかの残る映画はなんとなく見れない。なんだろうなー? 世の無常を学んでる最中だからかなー?!(笑)。

ででで


・・・という訳で、ただ単に金城君見たさに借りた映画です(笑)。
彼のちょっとトボケた天然キャラみたいな役、ちょっと癒される感じがして好き。


でも、けっこうおもしろかったですよ。
1985年・2007年・2028年という3回のエピソードが、自然な感じにリンクしてて
人間は、自分で何かを選んでいるようで実は重大な決断は
気付かない内に死神である彼にされている・・という、
人はやっぱり誰かに生かされてるんだなーって感じがする映画でした。
神も死神もあんまり変わらないんじゃないか?っていう捉え方が面白い。


他人に無関心で天然気味。感情も喜怒哀楽も執着もあまりない死神が、
人と関わる事でほんのちょっぴり何かを知る・・。

こーいう役をやる金城君て軽過ぎず重過ぎず、上手だなーと思います。
なぜかウォン・カーウァイ監督の『天使の涙』を思い出して、ちょっと見たくなったな。
・・いや、ホントに全然違うんですけどね(汗)。

個人的には、『音楽が大好き!』というエピソードも気に入ってます。

公式HPはこちらから。



『juno 』

Category : movie&music&book
juno.jpg

可愛くてポップな映画でした。

16歳のジュノが
興味本位で試したセックスで
不本意にも妊娠してしまう。
さてどうしよう?から始まる
大人も子供も関係ない、それぞれが
考える人生について・・みたいな
話なんですが。



日本でこの手のテーマを扱うと
どうしても暗かったり重くなったり
真面目感が漂う難しい映画になりがちだと思うのですが、
モラル感の違いか、環境の違いか
とてもライトに描かれているのが
好印象。



ジュノ自身も、取り巻く友人や恋人、家族もみんなちゃんと、
自分にとっての”本当に大切な事”を知っている(もしくは気付いて行く)という
描き方が、
私みたいに、無意識のうちに世間一般的な”モラル”を植え込まれていて、
でも実はそれが居心地悪くて窮屈で、なのにどこかそれに縛られてしまっていて、
『自分らしくいる』事に努力をしていないとうっかり負けそう!流されそう・ってな感じのトホホな人には、すごく心強く励まされると思います(笑)。

ボケーッとしてて頼りない、覇気も誠意もなさそうな“彼”
もしかして最初から”自分にとっての大切な事”を解っていたのは彼だったのかも。
(ボーっとして口数が少なすぎるんだもの、すごく分かりにくい。)
でも、映画を見ながらそんな風にゆっくりと気付いていく感じの展開、
けっこう好みです。

タイごはん

Category : おいしいモノ
タイ久しぶりに
タイご飯を食べに行きました。

さすが、タイ人のやっている店。
スウハのご飯とはひと味違います。

スウハのご飯は、私の中の“アジアご飯に対する芯”みたいなものは崩さずに
アレンジを加えた”スウハごはん”。
エスニックを食べ慣れていない方にも楽しんで欲しいと思っているし、
アジアのご飯に対する偏見や勘違いをスウハでご飯を食べる事で
少しでも払拭出来たらいいなーというような思いや、沢山の方に召し上がっていただきたいので、ある程度の『平均』や『バランス』を大事にしたいと思って作っています。
もちろんこれはこれで、おいしいと自信を持っておりますが、
たまには、グッとパンチの効いたアジアご飯を食べたくなったりするのです。


ヤムウンセン(海鮮春雨サラダ)は思い切り甘く辛く酸っぱいし、
パックブーンファイデーン(空芯菜炒め)にたっぷり入ったガーリックも、
ガイヤーン(チキンの照り焼き)の香ばしくスパイシーなパリパリ皮や、
バミーヘン(焼豚入り汁なし麺)の真っ赤な甘いチャーシューや八角の香り・・・
トートマンプラー(さつま揚げ)にちゃんとキュウリのスイートチリ和えが付いてくるのもうれしい。

アジアご飯好きな友人とアジアご飯を食べると、
なんとなく元気になるし、なんとなく楽しい。

『うちの店のヤムウンセンもこの位パンチがある味にしようかなー?』と
言ったら『止めといた方がいい』と言われましたが(苦笑)、
個人的には、この位ハードな方が好みです。

・・・と言っても、
この店も、けっこう日本人好みの味で
マイルドになってるんだと思うんですけどね。


今年も

Category : sweets/drink

毎年この時期にいただく沢山の金柑。
スウハでは、これをジャムにして冷凍しておき、ほぼ1年間使います。
パウンドケーキの具やスコーンやシフォンのソース、
お肉と一緒に煮たりしてもおいしいです。

ただねー、
1つ1つに切り込みを入れ、2度程煮こぼし、
竹串でホジホジして種を取り・・・・
ホントにホントに面倒だ~~~(苦笑)。

今日は、店がヒマなので
スタッフは日がな地味に作業です。

他の用事が出来たり、お客様が来たりして
金柑作業から抜け出せた人は、うれしそうですが、
簡単に用事が終わり作業に戻る時はしょぼんとしてました。
わかるわかる!その気持ちー!

皆様、ご苦労さまでした。
どうもありがとう。

・・・参加してなくて、ごめんなさ~いね。
(わざとじゃないの(笑))

スモールワールド

Category : アレコレ
スウハの低いガラステーブルの中にあるスモールワールド。

元々、な~んか細々したあんまり意味のない様なモノ大好きなんです(笑)。

このアジアの世界を見つけた時にはもう速攻大人買いをしてしまいました。
1箱200円で、タイ・ベトナムなどの料理やお皿などが1セットとラムネ1個入り。
確か1シリーズ15バージョン位だったような・・・。
毎回、ラムネは王子にプレゼントです(笑)。
S.jpg

A.jpg

この他にも、スイートチリやドライマンゴーなどの調味料シリーズや
アジアの日用雑貨シリーズもあって、1つのサイズはだいたい3cm位。
どれも精巧に出来ていてかなりのマニアックぶりに、
なんでこんなシリーズを?と思う程でした。
(もちろんこちらも購入済み)


そんな私に、台湾へ行った友人からお土産が。
55.jpg


故宮博物館で売ってるらしいこのシリーズ。約1cmのお宝は、
その名も『ミニチュア宝物』。他のお宝も気になるなー(笑)。

ちなみに、本当の白菜は灰白色と緑色が半々になっている翡翠だそうで。
当時白菜は清らかさの象徴で、王妃の嫁入り道具だったとか。
多産の象徴だと言われている白菜の上の昆虫は、さすがに
ミニチュアには見当たりませんでしたが(苦笑)、それでも充分凝った作りです。


YUちゃん!どうもありがとー。
大切にしま~~す。

こんな感じです。

Category : cafe の事
本日より始まりました『英国アンティークス』。
今回は、全面的にイ・オルディさんにお任せのセレクト&レイアウト。

第三者がスウハで展示する時に、どういう感じに見るのか・・・というのは
ちょっと新鮮。
こーいう試みも案外面白いですね。

ivent.jpg


アクセサリーもいくつか持って来て下さって、
手のこんだ物が多いのでヒマさえあればじーっと見てしまう(笑)。
で、「これいいな~」と秘かに思っていたものは、買われていきました(涙)。

あと、気になっているものと言えば60年代位の製菓用品。
イギリス製ではなくオーストリア製っていうのもいい感じです。
なんてことないブリキのパイ皿やパウンド型が、なんとも味があってかわいい。
値段が手頃なのも素敵

搬入のお手伝いの時に、すでに超欲しいモード全開でしたが
お客様にお見せする前に買い占めるのはどうか?・・と、
さすがの私もちょっと大人になりました。ははは。

売れ残ったら買い占めます!!!

・・・ところで。
左下の写真に写ってる細かいキッチン用品。
これ、なんだかおもしろくて
『ビーンズカッター』とか『ビーンズスライサー』なんです。
ヨーロッパではメジャーなグッズなんだとか・・・。

ゆで卵カッターみたいな構造なんですが、豆を一粒づつスライサーにかけるって・・
ま、もちろん大粒のヤツなんでしょうけど。
どんな料理に使うのかすっごい気になってます。
_________________________

『英国アンティークス』今週日曜まで開催中です。


クイックブレッド

Category : おいしいモノ
今日焼いたのはコレ。ええ、もちろん明日の朝ご飯です(笑)。

コーンマヨネーズのクイックブレッド。
1


クイックブレッドは、イーストではなくベーキングパウダーで膨らめるので
捏ねたり発酵させたりしなくていい簡単パン(・・とケーキの間位?)。
2


炒めたベーコンとオニオンを入れたり、バジルとオリーブを入れたりetc
色々とバリエーションが楽しめるし、材料を混ぜるだけなので気楽に作れるお気に入りです。

ちょっとカロリーを気にしてマヨネーズを控え目にしたら、
なんとなく物足りない味になってしまい残念!

こういうお惣菜パンにカロリーオフは禁物ですな(苦笑)。

明日の朝ご飯

Category : おいしいモノ
最近ハマっているホームベーカリー。
時間が空いた時に、レシピの材料を入れておくと2時間後には出来上がってて超便利。

もっと時間がある時には、こねるまでやって頂いて(笑)成形は自分でするパターンも。

でもレシピ通りに作らないと、静か~に途中で仕事放棄されて止ってたり、とんでもなくベトベトの塊が出来ていたりするのです!
無謀なチャレンジしたがりのワタシは、あまりのむごい有様にヘタれた事数回(苦笑)。

ホームベーカリーレシピの本でも買ってみようか?と思うこの頃。

パン


本日焼いたのは、パネトーネ風。
適当に色んなドライフルーツを入れたらレモンピールが多かったらしく
若干酸っぱいけれど
しっとりした焼き上がりと甘~い香りは、明日の朝ご飯には充分楽しみ。
焼いてマーガリンつけて食べます!



『英国アンティークスvol.1』

Category : cafe の事
1!.jpg

中伊豆にあるアンティークギャラリー『イ・オルディ350』さんのご協力の元、
イギリス60~70年代製のキッチンツール、布、アートなどの生活雑貨を集めた
企画展をする事になりました。

21日(水)~25日(日)までの開催です。
店内サロン部分で開催しておりますのでお店の営業中はずっとご覧頂けます。


この企画展はテーマを変えて、何ヶ月に1回かの割合で続けて行きたいと思っています。
アジアの店なのに、なんでイギリス!?なんて言わないで下さいね(笑)。
元々、私はヨーロッパのアンティークが大好き。
実はスウハも”THE アジア”ではなく、どこか植民地だった頃の空気が漂う様なムードにしたいなーといつも思っています。
なんたって、古いモノ大好きな『タヌキ』ですから(笑)。

注*動物占いによる(しつこい)


お求めやすい価格ですてきなもの満載!ですので、近くにお寄りの際はぜひお立ち寄り下さいませ。



流れるライン

Category : cafe の事
私の住むこの場所は海と山の距離が近いので風が強く
おまけに風は潮風なので、鉄のものはすぐ錆びるし
風通しの良くない置物はすぐ倒れてしまいます。

なので、(場所が分かりにくいにも関わらず)大きな看板を外に置く事はやめていたのですが、2年程前に画期的なアイデア!!でかっこいい看板を作ってくれてからは、
分かりにくい場所ながらも目印となっていたスウハの看板(特に夜)。

随分さびてきたのでメンテナンスに出したら
素敵にリニューアルされて帰ってきました。
・・・って、リニューアル前の写真がないので分かりにくいと思うんですが
(だって!写真いくら探してんも見つからないんだもの)。
看板


同じ作者なので、多分店内の大テーブルを仕切っているボードを意識して作られているんだと思います。不規則で流動的なロータスモチーフは私もかなりのお気に入り。

パーテーション

salon4.jpg


店内のシャンデリアも同様で、流れるラインが美しいと思う。

ライト


黄色のライトも相まって店内の柔らかなイメージが少しずつ出来上がっていくの
なんかいいな。
お店の雰囲気とか統一性は、こうやって出てくるのかなー?などと思いながら、
眺めてみたりしています。

いつもすてきなオブジェをどうもありがとう。

コズミックダイアリーと月

Category : アレコレ
昨年中、なんとなく不調な毎日だ~と言ってたら友人がコレをくれました。

『コズミックダイアリー』は、現在の世の中で使われている
1年を12ヶ月とするグレゴリオ暦ではなく
月の満ち欠けと『ツォルキン』と呼ばれるマヤの神官が使っていた神聖暦を組み合わせ
1ヶ月を28日周期、1年を13ヶ月とするマヤ暦のカレンダーです。

ダイアリー


『本来カレンダーは、星の動きや月の動きから作り出されたもの』という考えに基づき
月や宇宙の影響を受けて育まれる、生命の本質と変化を感じながら生活をする事で、
現代で使用されているカレンダーで無意識にずれてしまった自律神経や、元々人が
持っているはずの正しいリズムを取り戻していきましょう---というものだそうです。

詳しい事は良くわからないけれど、月の引力によって満潮・引潮があり、満月の夜には蟹やウミガメが出産をする。
人の誕生や死もその引力に関わっている。肌のターンオーバーや何やら、確かに28日周期で動いている事は多い。


意識するだけで、体内時計が自然の摂理に近づくらしいよ!と聞いたので、新年からは、このいただいたこのカレンダーで毎日の『ツォルキン』のメッセージをチェックし、今日がどんな日か?今日の月がどんな月か?の確認だけはする事にしました。

満月

と言う事で、今夜の月をパチリ!
ちなみに、今日は今年最大の満月らしいですよー。
ものすごく明るく大きい!


・・・そう言えば、どうやら私は月と関係が深いらしく昔から月と関わる事が多い。
人に言われたり、何か頂いたり・・etc。
何かの占いでも『フルムーン』だったし、動物占い(古い)でも新月のタヌキだったなーと思い出した(笑)。

相性が良いであろう月とワタシ。
これから何か変わるかなー?とワクワクです。






人気者

Category : sweets/drink
1月になって、苺のパフェも始めたし
人気の糖水やチェーもバリエーション豊富な季節になってきましたが、
なぜかこの頃良く出るデザート『ピサンゴレン』

インドネシアの揚げバナナです。
バナナ


衣さくさく、中はトロトロ。
熱々に冷たいアイスを乗せて、お好みでシナモンやマンゴーソースをかけて食べます。

自分で書いててもおいしそうだと思います(笑)。

このデザートは、カウンターではなく厨房の中で調理するのでお料理のオーダー具合で
お時間がかかる場合がございます。

お食事とご一緒にオーダーしていただくと待ち時間が少なく、
案外スムーズかもしれません
もしくは、お茶でも飲みながらゆっくりとお待ちいただけるとよろしいかと。

・・・と言いつつ、タイミングが良いとすんなりほいっ!と出たりもしますが(苦笑)。

メニューボード

Category : cafe の事
ホントにホントに久しぶりにエントランスのメニューボードを書き直しました。

BOAD.jpg


毎日『書き直したいなー』と思いつつ『面倒だなー』が先にたって、延び々になっていましたが、実際書き始めてみると案外スイスイと(笑)。

階段の踊り場も少しイメージチェンジして、ついでに階段の拭き掃除を自分でしてみた。

ENTRANCE.jpg


・・・たったそれだけなんですが、なんとなくスッキリと気分転換。


一息ついて外に出たら、ご来光の様に放射線状に広がった雲を見ました。
写真撮れなくて残念!
あっと言う間に消えてしまいましたが、

・・・なんか良い事あるかも!?と、ちょっと胸躍る気分になるのはこんな時。


遅くなりました(笑)。

Category : アレコレ
明けましておめでとうございます。

・・・ってあっという間にもう8日だ。

年末から風邪を引き元旦から三ヶ日は熱で寝込み、やっと少し元気になったら4日から仕事・・なんだかなーという感じのトホホな新年の幕開け。
昨年を振り返る事も新年の抱負を考える事も、もちろん初日の出を拝む事もないまま今日まで来てしまいました。

ようやく風邪も落ち着いて店の仕込み地獄からも開放され、ちょっとだけ一段落ついたので
2008年はどんな年だったかなーと考えてみました(今さら)。

考えてみたら、海外はもとより国内旅行すら一度も行ってない。
超おいしー!とか超ゴージャス!とか思うご飯も食べてない。
思い切った大きな買い物も、運命だ!と思う程ものすごく大事にしたい靴を手に入れる事もなく(笑)、ビビビ!とアンテナが反応する運命的な出会いとか、仕事でもプライベートでも気力体力すり減らす程の気合いを入れて取り組んだ事柄もない。
お金も時間の余裕もなく、一見ただの同じ毎日を過ごしていただけの1年
・・・なんか書いてると悲しくなってきましたが(笑)。

それなのに私の中での2008年の『印象』は、”楽しく充実した大切な、そしてとても必要な1年”という印象でした。

良い事も悪い事も含め毎日の自分の中にはもちろん色んな事があり、迷ったり悩んだり喜んだり大忙し。そして運命はそうゆう時期に必要な『何かを考えさせる人』ときちんと出会わせてくれて、向い合う事や考える事、慰め合いたたえ合い支え合う事を学ばせてくれる。

自分にとっての”大きな課題”や”大切な事”をクリアにしていく作業は、大変だと思う人には重荷かもしれないけれど、私みたいに常に迷っている様な人にとっては客観的に自分を見つめる良い機会をあたえられた時間だったなーと。

その1年が楽しかったか、良い年だったかを定義するのは難しい。
物質的な事だったり精神的な事だったり健康だったり活発な活動だったりetc
それは一概には言えない。
でも全ては、魂の充実度が高かったかどうか?と言う事なのかもしれませんね。

周りに起こる沢山の事を自分がどう受け止め消化・吸収・進化させていくか・・・。
止ってじっくり考える時期と準備にかかる時期と動き出す時期。
手放す事が必要なものと手に入れるべきもの。
どんな時期や環境でも、自分の意思で変える事も変えない事も選べるのは自分自身だけだとしたら、まさに気持ちの、魂の充実度の高い一年を過ごしたいなと思います。


・・・・って、新年早々重い話だ(笑)。

また、ぼちぼちブログもアップしていきたいと思います。
皆様、今年もよろしくお願い致しますね。

楽しい一年にしましよー!
(大殺界も抜けたしな)




プロフィール

su-ha

Author:su-ha
お店のHPはこちらから。

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ちょこちょこ行くトコ
カウンター
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。