スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テュイル

Category : sweets/drink
タルト用のシュクレ生地を仕込んだので、大量に卵白が余りました。
なので、今日はテュイルを焼いてみました。
テュレル


テュイルとはフランス語で『瓦』の意味。
焼き上がりを、すぐめん棒などに沿わせてカーブさせると瓦の様な形になるので
そう呼ばれているらしいです。
・・・が。
スウハではめん棒は2本しかないし(!)、おまけにカーブさせると在庫の場所を
きちんと確保しないといけなくなるのでカーブさせずにそのままにしておきます。

なので、テュイルと言えるかどうか・・(苦笑)。

でもカリカリの薄焼きクッキーは、
アーモンドの風味が香ばしく軽くておいしい。
若干厚めなのが、素朴な感じでまた好みです。

こーいう素朴なお菓子を作る度、私はフランスの焼き菓子好きだなーと
つくづく思います。

習いたいなー・・・
素朴な家庭のフランス料理やお菓子。
すごい教室とかじゃなくて、フランス人のママとかに(笑)。

スポンサーサイト

お知らせ

Category : cafe の事
お知らせ

先日ここで書いた雨漏りですが。
あれからなんだか雨が多い気がしません?
で、その度に色々水浸しになりました(涙)。
結局、天井から続く鉄骨の中を通って床に浸水してくる水と、あの写真の後に天井からもすごい勢いで雨漏りして穴が空いてしまったり・・とかで、結構大騒ぎです。

・・・と言う訳で。
しばらくサロン(禁煙席)が使えない状態で、喫煙席のみの営業とさせていただきます。
天候により使用出来る日もあるかもしれませんが、それもサロン(禁煙席)のごく一部の席になるかと思います。
ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承下さいませ。


エコ

Category : アレコレ
友人の誕生日プレゼントを買いに近くのショップへ。
県下では何店舗かを構えていて、色んなイベントも開催している大きな店です。

買い物を済ませてレジへ行き、『プレゼントなんでラッピングをして下さい』とお願いすると『お買い物袋を廃止させていただいております』との事。
そして、自分用に買った洋服は紙テープでクルッと留めて、プレゼント用に買った物はそのまま手渡されました。
・・・まぁ、いいけど。
・・・正しい事なんだろうけど。
・・・でもなー、プレゼントのラッピングもなし?

私は、ココで買ってから友人の所に直接届けるつもりだったので、ラッピングなしの裸のプレゼントをどうしようかなー???と途方に暮れてしまいました。

どうもなんとなくしっくりこなくて、家に戻ってからHPを見てみたら、
『当店では地球環境を守る為、省資源・省エネルギーを推進しております。その為お買い物袋を廃止させていただく事にしました』というお知らせと一緒に、『マイバックのご持参をお願いします』と『オリジナルエコバッグ¥210』というキャプションが。
eko1.jpg

----なーんとなく、なんか違う気がする。
まぁ、世の中色んな人がいるので一概に何が良くて何が悪いと言えないとは、もちろん思うし、大きな企業が何かを統一させるには、一斉にとか一切とかも必要なんだろうとは思うけど。
『当社では、袋はなるべく使用しないでいきたいと思っておりますが、必要な方はおっしゃって下さい』位なアバウトな感じにはならないのでしょうかね?
食材みたいな消えものを売ってる訳じゃなくて商品を売ってるんだから、最低限のサービスや商品イメージをキープする事は必要だと思うんだけど。
私みたいに意地悪なタイプは、なんか、エコっていうより経費削減とか人の手をかけないとか・・そっちの方が大きいンじゃな~い?とか考えてしまう。

”地球に優しい”は”人に優しい”が最初じゃないかなぁ?と。
(・・あ、でも接客して下さったお姉さんはとても親切で感じの良い方でしたが)



エコはとても大切だと思います。でも流行やスタイルではない。
一人一人が自覚して出来る事を地道にやって行く事は大事だと思うけど、何かを無くす事は無くす前に使っていた物を廃棄したり処分したりする事が必ず付いてくる訳で、それを忘れたり無視したりしたままエコを訴えるのはどうなんだろう?とも単純に思います。

必要な物と不必要なもの。

むーずかしいよなーーーー。


復活!

Category : movie&music&book
unicorn.jpg

ラジオで偶然ユニコーンの新曲を聴いた。

わー!めちゃめちゃ懐かしい感じだー!!!

奥田民生がボーカルじゃないのが、寂しい様な”らしい”ような。

随分とおっさんになった彼らが復活して、新曲を出したら、
昔の雰囲気そのままだった(良い意味で)・・というのは
なんだか不思議な感じですね。

ユニコーン、学生の頃大好きで良く聞いたなー。
曲も好きだったけど、私は伴奏とか間奏とかギターとかの
なんとなくマニアックな感じがすごく好きでした。

久しぶりに、ユニコーンのアルバムでも聞いてみようかなーと
思いましたが、なんとなくはずかしくて
車の中とかで流して聞く位しか出来ない。

・・・というのは、『ユニコーンを聞く事が』恥ずかしいのではなくて
それに付随する『自分の若気の至り』を思い出して色々と恥ずかしくなるからです。


でも!武道館行きたい!なんとなく!!
・・・と店で言ってたら、みんなほぼ無関心でした。
ちぇっ・・これぞジェネレーションギャップか(苦笑)。

冬片

Category : おいしいモノ
今年もこの時期がやってきました。
本来は、一年で一番寒~い季節にやっと手に入るこのお茶。
dejidje.jpg

なのに、気の早い春一番が吹いたり真夏日の様な熱い日があったりしたので、
なんだか気持ち的にピンと来ない。
口にした途端広がるちょっぴり早い春の気配が、ものすごくいいんだけどなー。
・・・と思いつつ、
昨日との温度差が15℃もあるという寒ーい今日、封を開けました。

今年、私が仕入れたのは海抜500M位の場所でとれた南投。
茶葉の取れる場所で値段はもちろん風味も味も全然違います。
(知識がないので)”カン”でどこの物をチョイスするかもなかなか楽しいですが、
冬片に関しては、私は超庶民派好みなの(笑)。

それから、いつもお世話になっているformosaさんが味見に入れてくれた
海抜1350M以上の所でとれた高級!杉林渓。
ま、値段で言うなら南投と軽く◯倍は違う・・…という高級茶葉です。


–––––うー!おいしー!
このお茶やっぱり好きだなー。
他のお茶にはない秘めた強さがある気がします。
そして、それぞれにそれぞれの良さが。

杉林渓は品が良くまろやかで、やさしい。
元々ここ産のお茶の特徴である爽やかさを残しつつ、
冬片らしい甘さや青さがそこはかと漂う。
なんか、育ちの良い平安時代の麻呂みたいだー(笑)。

そして、南投。
びっくりするような甘い香りは花の香りを嗅いでるみたい。
でも口に含むと、やっぱり青くワイルドでしかもすっきりとしてる。
シャープさが潔よくて、ちょぴり寂しい位です。
例えるなら革命の頃のアンドレ?(笑)


・・・って訳のわからない例えですが。

とにかくとても不思議な魅力のあるお茶だと思います。
南投はスウハでもお出しする予定ですが、ホントはお食事のお供ではなく
シンプルにお茶だけを味わって頂きたい感じ。

たまにはお家でしっとり一人カフェでもいかがでしょうか?
formosaさんのサイトで購入可能です(おまけに値段が超良心的!)。

バレンタイン

Category : sweets/drink
バレンタインなので、今日はメニューにチョコものを出しました。
チョコ1


ラズベリーとミルクチョコのタルト。
ミルクたっぷりのチョコの中に
甘酸っぱいラズベリーをガーっと入れて低温でじっくり焼きます。
下はサクサクのシュクレ生地。

焼き上がりは、しっとりやわらかです。

そしてこちらは、テイクアウト用のカップケーキ。
チョコ2

クランベリーとホワイトチョコが入ってます。
超アメリカンな感じですが(笑)、上にはミルクとビターのチョコダブルがけ。


タルトをオーダーしてくださったお客様のほとんどが女性の方でしたが、
『バレンタイン』と聞くと、あげるだけじゃなく自分もなんとなくチョコモードに
なるんでしょうかね?

おかげさまで、どちらも完売でした。

・・・ちなみに。
私は今年もモテモテで、我が家の王子とチョコの個数を張り合う位(笑)。
皆様、どうもありがとうございます。

どこから??

Category : cafe の事
大雨が降った次の日、店で雨漏り!

床1


と思ったら雨漏りじゃない。だって天井濡れてないし・・。

じゃあ、どこから?

濡れてるシートをめくってみると下のコンクリートにひびが入っておりますが・・・

床2


でもなー、だってスウハは2Fだし。あんまりひびは関係ないような。

工務店さんに来ていただいて見てもらいましたが、
専門家も首をかしげる始末で、『調べてみます』の一点張り。

なんだろなー?
・・・なーんか、怖い水だったらヤダなー。
って!怖い水って何だーーーー!!。


図面で確認中。
どうか、はっきりとした理由がありますように(笑)。


つぶつぶキウイ

Category : おいしいモノ
これ見つけたんで思わず買ってみましたが、
・・・・不思議な味だー。

ポッキー


最近、色んな種類のポッキーが出てますね。
私の頭の中にある”ポッキーの味”っていう感じが追いつかなくなってるなー
と思う・・・のは、年齢か!?(笑)。

ポッキー2


こんな事書かれると、何やら恥ずかしくなっちゃいます(苦笑)。
味は、革新していっても
この胸キュン路線(古い?)は昔のままなんだなーきっと。



ASIMO

Category : アレコレ
カフェをお借りしている沼津石材さんで、60周年のお客様感謝祭が開催されました。

そこにASIMO君が来てましたー。
asimo.jpg


・・・って全然興味なかったけど、
実際動いてるの見たらすげーかわいーじゃないか!!
びっくりだ。

声とか超キュートだし。

『死を想う』

Category : movie&music&book
映画「おくりびと」を通して「死を想う」
本木雅弘・中沢新一・糸井重里の座談会。

友人が面白かったと言うので覗いて見たら、ホントに!

『おくりびと』見たいなーとは思ってたけど
なんだか拍車がかかりました。

本木くん。
どんな人なのか全然知りませんでしたが
19歳の内田也哉子譲をお嫁さんに選んだ時、
『・・・ん?もしかしてこの人、ただ者じゃないな!?』と思いましたが、
やっぱりなー(笑)。

・・・というか、シブがき隊だったという方が今となっては不思議かも。

人は変わる。
元々の素質が色んな環境や人やものとの出会いで刺激され
開花したり浄化したり消されたり押しつぶされたり。

どう変わるかは、その人の運の強さか恵まれた先祖の徳か
はたまた己と向き合い、悩み、自問自答出来る力か・・・。
もしくは、決められている運命か。

答えは、永遠にわからないですね。きっと。










ローストビーフ『伊豆花』

Category : おいしいモノ
なかなかゆっくりとお会いする時間を作れなかった、
私の大切な尊敬する方々と久しぶりにご一緒出来る事に。

連れていって頂いたのは
熱海から伊豆山へのくねくね道をひたすら登った高台にある『伊豆花』さん。
ローストビーフが有名なこじんまりした素敵なレストランです。

全面ガラス張りの席からは相模湾に浮かぶ初島と大島がくっきり。
平日な事もあってか静かな店内には心地よい音楽が流れ、
外の喧噪がウソの様なゆったりした時間が流れます。
izuhana4.jpg


お料理は、前菜に貝中心の海鮮盛り合わせ。(←写真撮り忘れ)
この日は、帆立や平貝、サザエなどを使ったコキールやフリットやソテーなど、
ボリュームたっぷり。

続いて、素敵な器でオニオングラタンスープと
izuhana-3.jpg

そしてメインのローストビーフ。
izuhana-2.jpg

さすが自慢の品!
柔らかくジューシーで洗練されながらも安心感のある味です。おいしい!
好みで和風と洋風のソースを選べるので、今回は和風をチョイス。
でも、ホントは両方味わいたかったな~。

そして最後は、早咲きのミモザをあしらったデザートプレート。
izuhana-1.jpg


お料理ももちろんおいしかったですが、
隣の席があまり気にならないゆったりしたスペースと開放的な窓から
入る自然光がリラックス出来る感じで良かったです。

夜はどんな感じかなー?
きっと雰囲気変わるんでしょうね。







プロフィール

su-ha

Author:su-ha
お店のHPはこちらから。

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ちょこちょこ行くトコ
カウンター
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。