スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン土産

Category : アレコレ
お仕事でスウェーデンに出張していた友達のお土産。

スープ


クノールって世界中に売ってるのかと思ってたけど、
スウェーデンでは見かけなかったよ~と言ってました。

パプリカ&チーズ&ブロッコリーとブロッコリー&カリフラワー。

日本ではあまり見かけないこの組み合わせ、あちらでは超メジャーだそうで。
スウェーデン人はブロッコリー好きなのか?
日本だったら、トウモロコシとジャガイモって感じかな?

私は、外国のジャンクインスタント大好きなんで!
(例えばディップの元とかドレッシングの元とかケーキミックスとか)
おいしく頂きました。

・・・しかし、スウェーデン語、まったくわからない。
裏の説明見ても、分かるのは200という数字だけ(多分お湯の量)。
表示がccでもmlでもないんですねぇ・・・。


スポンサーサイト

花束

Category : アレコレ
アンティーク展に来て下さったお客様が、
庭で咲いたの!と持って来て下さった小さな花束。

デコラティブなラッピングなんていりませんね。
シンプルで、シックで、こーいうの大好き。
すごくうれしい。

すずらん

テントシート

Category : アレコレ
バッグを作ろうと思って、デッドストックのテント生地を探しておりましたら
かっこいいの見つけちゃった!
テント


1930年頃のフランス軍のベージュのやつとベルギー軍のカーキのやつ。

広げてみたら、中央にホックの付いたポケットが付いていて、
おぉ~!こういうの付いてるとテンションあがります!

これを生かして、布をどうカットしよう??
これをこのままどこに使おう???
プリントとかしちゃう?!

バサーッと広げてあれやこれや考えるのは、すごく楽しい。
広げたままで、ハサミやミシンがすぐ手に届く場所、欲しいす。

アトリエ欲しいなぁ・・とつくづつ思うのはこんな時。

『西欧レトロ雑貨展』

Category : cafe の事
第2回目の開催となる『英国アンティークス』

セレクトはいつも通り、中伊豆のギャラリー『イ・オルディ』さんにおまかせです。

定休日の今日、搬入&セッティング致しましたが
今回は、ガラスや食器が沢山ありました。
レトロ2

ガラス製品は、1930~40年頃の世界恐慌時代のものも何点かあり、
それらは、そんな時代背景の元に作られた、正に”質実剛健”な感じで重くて厚い。
でも、それが何とも言えない味を醸し出しております。

19世紀の薬瓶やミルク瓶などはデザインもかわいくて一輪挿しや雑貨入れにと
アイデア次第で素敵な日用品になりそう!
レトロ1


ヨーロッパらしい凝ったプレートやカップ、おなじみ”何に使うかわからない”キッチンツール(笑)や、手刺繍のドイリーなど、お気軽な値段で色々そろってます。


『西欧レトロ雑貨展』明日22日より26日、日曜まで店内サロンにて開催中。
お店の営業中はいつでもご覧頂けます。








邦画2本

Category : movie&music&book
なんとなく気になって、見たいと思っていたけれど見る機会がなかった映画。
ヒマだった休日、だらだら~っとしながら続けて見ました。

まずは、『人のセックスを笑うな』
hitono.jpg


天然魔性の年上の女性に翻弄される・・・とか、なんちゃらかんちゃらは
そんなもん年上も年下も関係ないっしょ!?と大人の女は思うので(笑)
まぁ横にでも置いといて、
全編を通して、役なのか素なのか分からなくなる位自然に普通に会話している感じがよかったです。
そして監督さんが上手なのか役者さんが上手いのか 至って普通な日々の時間の経過の中に、ほのぼの~というか、なんとなく暖かくて切ない空気が流れる一瞬の“間”があって、それがすごくリアルだな~と。
『あぁ・・こーいう感じあるよねぇ・・・』と一人で納得してしまいました(笑)。

そして2本目は、『グーグーだって猫である』

ぐーぐー


これは、もうとにかく猫がかわいいっす。
コレに尽きる(笑)。・・・けど、きっとホントのメッセージは違うんだろうな。

私は、キョンキョン演じる主人公と年齢的にも大体かぶるので、
色んな事が身につまされるというかかなり理解できて、なんだか痛い感じ満載で見終わってから、ちょっと暗~くなりました(笑)。
もしかしたら、これ見て元気が出たって思う人も多いのかもしれないけど。

・・・なんか邦画って、『ここから汲み取って』感が強い気がする。
母国語として日本語の持つ独特の感覚を無意識に理解しているから感じるのか、
それともただ日本人特有の感性なのか・・よく分からないけど、
映画の中ではあえて直接的には表現しないけど、わかるでしょ?みたいな感じ。

でも、私ってそれが汲み取れないタイプなんだよなぁ・・・(笑)。


それが良いのか悪いのかは分かりません。ただの好みかもしれないし。
でも、私はなんだか考えすぎてしまって、
結局『深いんだか深くないんだかよく分からないな、コレ』・・って
思ってしまう事が多いです。
私にとって『グーグー』は、正にそのタイプの映画でした。

なーんか、今ドキの邦画、私にはムヅカシイんだよなぁ。






コラリージュ&カフェ

Category : アレコレ
知り合いのフラワーアレンジ展覧会に、休憩時間を使ってお邪魔してきました。
普通のフラワーアレンジだと思っていたら、その進化系(?)という感じの
『コラリージュ』という世界。
アレンジ1


作品は、生花だけでなく、ブリザーブドフラワー・押し花・造花などを木や紙、布、ガラスやプラスティックなどと組み合わせて作り上げる小さな空間・・という感じでした。

造花や木のフルーツに、アクリル絵具で色をつけているのがおもしろかったです。
フェイクとリアルの曖昧な感じとか・・・。あり得ない色の超リアルな花とか(笑)。

そして、遅いお昼を食べにギャラリー近くのカフェへ。

アレンジ2


普段、ほとんど行く事の無い“人のカフェ”(笑)。
たまに行ってランチとか食べると、お客様の目線とか考えたり出来て
勉強になりますね。

お昼のお客様の引きのタイミングと夜の営業の仕込みのタイミングがすごく良い時に
また、ふらっと気軽に出掛けたいと思いました。


フランスな感じ?

Category : アレコレ
箱2

なんとなくフランスな箱(?)が欲しくなったので
久しぶりに自分で描いてみました。

箱って4面+上の計5面を描かなくちゃならないので、
めんど~!と思って敬遠しがちなのですが。
(・・・って言うか、どうやって楽しようか?と考えてばかりなんで)

結局、横の4面はフリーハンドのストライプ。
ラフな感じがよりフランス的な感じで、結果オーライ!
・・と自己完結しました(笑)。

ちなみに、
写真撮るの忘れましたが、内側にはチョウチョが飛んでます。
あ、そう考えると6面か!?

今回は、わざとツヤツヤの仕上げにしましたが
アンティーク風に削ってツヤ消しにしても良いかも。

たまに描くと、楽しくてずーっと描きたくなります。
トールペイント。
いつか必ず家具や扉に描きたいっス。

『ダークナイト』

Category : movie&music&book
ずーっと見たいと思っていたこの映画、やっと見る事が出来ました。

ダークナイト


正義と悪の境界線、性善説と性悪説。どちらも曖昧でムヅカシイけれど
私は両方持っているのが普通だと思う。
そのどちらが、何かのキッカケで増長する。それは案外特別な事ではなくて、私達の中でも充分起こりえる。そう思うと怖いなぁ。
結局の所、全てを救うのは”許し”なのかもしれないなーと思いながら見てましたが、
じゃあ“許し”の境界線はどこなんだろう?
・・・難しいですねぇ。

ところでこの映画、悪役でジョーカ-ばかりが際立っているけれど
アーロン・エッカート演じる2フェイスも今までとはちょっと違った解釈で登場しています。悪役になる前も2フェイスと呼ばれていたというさらっとしたエピソードもおもしろい。私の中の2フェイスは『Batman Forever 』の感じだったので、これは新鮮でした。

あと!どうでもいいかとは思いますが(苦笑)、
私の中のバットマンはジョージクルーニーがベスト。
最初のシーンで振り向いた時のとろける様な笑顔が忘れられないの(笑)。
ま、バットマンじゃなくてブルースの時ですけどね。
そして、アルフレッドは先代のマイケル・ガフのおじいちゃんぶりが好きだなー。


・・・と色々勝手に言ってますが、ヒース・レジャーすごかったです。
『ブロークンバックマウンテン』とかの印象が強かったのでびっくりしました。
でも、悲しすぎて、暗闇の中で狂気でしか生きる力を保てなくなってしまったジョーカー(と私は解釈しましたが)をあんな風に演じたら、
神経が細やかな人ならやっぱり上手に抜け出せなくて情緒不安定になっちゃうかもな~。

色んな意味で、娯楽映画なのになんだか切ない映画でした。

ちなみに、ダークナイトって悪に支配された暗黒の世界を差してるのかと思っていましたが、"NIGHT"じゃなくて"KNIGHT"なんですね。・・ふむむ。知らなかった~。


今日は

Category : アレコレ

今日は、満月ですよ~。

moon2.jpg

と思って写真を撮ったら、なんとなく欠けてる様な・・。

ふむ・・・。

不思議じゃ。

かぼちゃのキッシュ

Category : food
どうしたものやら、店が異様にヒマなので(苦笑)、
フランス特集の雑誌を本気読みしていたら
深皿の具沢山キッシュが、もうヨダレが出そうな位に
ものすごいおいしそうだったので
この際なので、ヒマにまかせて焼く事にしました。

おいしそー!と思ったらすぐ焼けるのがお店のいい所。
材料や道具がそろっていて、全てがすぐに手が届く!と言うのは
ホントに便利なもんです。

キッシュ2

かぼちゃとベーコンとバジルのキッシュ。
店で時々お出ししている薄皿のキッシュより少しゆるめに作ったので
ごろっと大きいかぼちゃとクリームがホクホクトロトロでうまい~。

なんか、10種類位を、がーーーっ!!と焼いて、
ずらっとデリケースに並べたい様な気分です。


ま、アジアンカフェですが(苦笑)。




月と桜

Category : アレコレ
私と同じ歳の桜。今年も満開です。
つくづつ大きくなったなぁ・・と歳月を感じで微妙な気分(笑)。

桜
閉店後、ゴミ捨てしながら夜桜見物。

桜の、グワ~ッて満開に咲く感じ
・・・実はちょっと苦手なので
夜桜位が私には丁度良い感じです。

桜1

下から眺めたら、枝間から月が見えていい感じ。

気持ちの良い夜です。

春のメニュー

Category : sweets/drink
4月になったので、デザートのメニューも少しづつリニューアル。
な~んか、天気がイマイチで春っぽくないんですけどね(汗)。

まずはこちら。『タピオカ入りココナッツずんだ白玉』

ずんだ


甘さ控えめで、豆の歯ごたえも残したずんだ餡(枝豆の餡ですね)に
白玉とタピオカをトッピング。
白玉は、普通の白色と共に、カボチャ入りの黄色、紫イモ入りの紫色の3色です。

少しだけかけたココナッツミルクがクリーミーな繋ぎになっているので
混ぜながら食べるのがオススメです。

美しい黄緑が、THE SPRINGな感じのデザートです。

そして、

→続きを読む

お待たせしました。

Category : cafe の事
お店で使っていて、『コレ売ってますか?』とよく聞かれるものは
お箸とアルミのレンゲと自家製スイートチリ。

スイートチリは、お売りする事は今の所出来ないのですが
お箸とアルミのレンゲは、ベトナムに注文する機会があったら
一緒に入荷しますので・・・とお待ちいただいておりました。

れんげ


お待たせ致しましたが、やっと本日入荷です。
まとまった数を入荷しましたので、しばらくはあると思いますが
なくなったら、またしばらくは入荷出来ないかな~?って感じです。

今なら色んなサイズが揃っています。
安くて軽くて割れないし(笑)、キッチュな感じがかわいくて
おまけにデザートにもフォーにもスープにも使える便利な感じなので
オススメです。

ご入用の方がいらっしゃいましたら、この機会にぜひどうぞ。
5本セットで250円~です。

あ、お箸と箸置きもすでに入荷済みです!

プリン

Category : おいしいモノ
世界のお菓子まつり』というのが静岡のツインメッセで行われたそうです。

スタッフMちゃんが行ったそうで、繊細で美しい飴細工や
マカロンで出来たメルヘンの世界などを堪能してきたそうで。

お土産に!と買って来てくれたのは、会場内で長蛇の列だったという
玉華堂の『きわみプリン』。
極みプリン

濃厚で、こってりトロトロ。なのに口に入れたふわっと溶けて後味さっぱり。

すごい美味しかったです!
ごちそうさまでしたー!



プロフィール

su-ha

Author:su-ha
お店のHPはこちらから。

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ちょこちょこ行くトコ
カウンター
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。