FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邦画2本

Category : movie&music&book
なんとなく気になって、見たいと思っていたけれど見る機会がなかった映画。
ヒマだった休日、だらだら~っとしながら続けて見ました。

まずは、『人のセックスを笑うな』
hitono.jpg


天然魔性の年上の女性に翻弄される・・・とか、なんちゃらかんちゃらは
そんなもん年上も年下も関係ないっしょ!?と大人の女は思うので(笑)
まぁ横にでも置いといて、
全編を通して、役なのか素なのか分からなくなる位自然に普通に会話している感じがよかったです。
そして監督さんが上手なのか役者さんが上手いのか 至って普通な日々の時間の経過の中に、ほのぼの~というか、なんとなく暖かくて切ない空気が流れる一瞬の“間”があって、それがすごくリアルだな~と。
『あぁ・・こーいう感じあるよねぇ・・・』と一人で納得してしまいました(笑)。

そして2本目は、『グーグーだって猫である』

ぐーぐー


これは、もうとにかく猫がかわいいっす。
コレに尽きる(笑)。・・・けど、きっとホントのメッセージは違うんだろうな。

私は、キョンキョン演じる主人公と年齢的にも大体かぶるので、
色んな事が身につまされるというかかなり理解できて、なんだか痛い感じ満載で見終わってから、ちょっと暗~くなりました(笑)。
もしかしたら、これ見て元気が出たって思う人も多いのかもしれないけど。

・・・なんか邦画って、『ここから汲み取って』感が強い気がする。
母国語として日本語の持つ独特の感覚を無意識に理解しているから感じるのか、
それともただ日本人特有の感性なのか・・よく分からないけど、
映画の中ではあえて直接的には表現しないけど、わかるでしょ?みたいな感じ。

でも、私ってそれが汲み取れないタイプなんだよなぁ・・・(笑)。


それが良いのか悪いのかは分かりません。ただの好みかもしれないし。
でも、私はなんだか考えすぎてしまって、
結局『深いんだか深くないんだかよく分からないな、コレ』・・って
思ってしまう事が多いです。
私にとって『グーグー』は、正にそのタイプの映画でした。

なーんか、今ドキの邦画、私にはムヅカシイんだよなぁ。






スポンサーサイト
プロフィール

su-ha

Author:su-ha
お店のHPはこちらから。

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ちょこちょこ行くトコ
カウンター
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。