スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーポッターと謎のプリンス

Category : movie&music&book
ハリー

シリーズ最初の頃、見始めたきっかけは王子と一緒に見たから。
見終わった後、あの映画、よく分かんないトコがあるね・・と知り合いと話をしたら
本を読むと良く判るよ!と言われ、ヒマに任せて読み始めました(その頃は時間がいっぱいあった!)。

本がすごく面白くって、おまけにすぐに読めて、友人が貸してくれたりもしたので
シリーズが出る度に本読んで、映画見て・・を繰り返し、
王子には本はまだ難しいので、映画を見ながら解説したりしていましたが
4作目位から、話が難しくなってきて王子の興味は他に移ってしまった後も
なんとなく癖になっていて新作が出る度、DVDを見てきました。



・・とはいえ、どうしてもどこか子供向きのファンタジーという感じは抜けなかったのですが、今回のこの作品!もうすでに大人向けの映画だと言っても全然問題無し!って感じでした。

内容のディープさも、映像も、なんかすごくなってきたなー。
ダンブルドアの厳しく深~い愛情や、スネイプの忠誠心と心の傷なんて、
子供なんぞにはなかなか分からんな、って感じです(笑)。
最終話の7作目、ちょっと楽しみ~~になってきました。

ハリー・ポッターと謎のプリンス 特別版(2枚組) [DVD]ハリー・ポッターと謎のプリンス 特別版(2枚組) [DVD]
(2009/12/02)
ダニエル・ラドクリフエマ・ワトソン

商品詳細を見る


ベンジャミン・バトン~数奇な人生

Category : movie&music&book
ベンジャミン


全然見る気なかったんですが、家にあったんで
なんとなく見てみようかなぁ・・・と思った映画でしたが、
思ったより面白かったです。

原作は『グレートギャッツビー』で有名なF・スコット・フィッツジェラルの短編小説だそうで、
なんというか、現実離れしてるんだけどなんとなく静かでリアルな時間が流れる感じは、
なるほどなぁ・・と思いました。

よ~く考えるとなぜ?と思う事がいくつかあるけれど、
きっとそこは重要ではなくて、『生まれてから死ぬまでをどう生きるか』という事だけを
焦点にして作ったのかもしれませんね。

老人で生まれて赤ちゃんになって死ぬ・・愛する人と同じ流れで歳を重ねて行く事は出来ないけれど大きな流れの中では一緒なのかもな~~と思いました。
そして、ものすごくエゴイステックな事を言えば、
愛し愛されてる人の元で、老いて行くにしたがって自分が赤ん坊になっていくというのは
切ないけど幸せなのかも。
記憶や感情や頭脳も子供に帰れるのなら・・ですが。

登場人物全体がみな、愛情深く描かれているのが好印象でした。

肌の色や生まれた環境、切ない想いや尋常でない状況・・・
色んな事をそれぞれが、理解し、受け入れ、許し、大きな愛情と感謝で考えられたら
人生の幅は随分広がり、自由になる。
それは理想論かもしれないけれど、心がけたい大事な事だと思います。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]
(2009/11/18)
ブラッド・ピットケイト・ブランシェット

商品詳細を見る

『美しく燃える森』の次

Category : movie&music&book
奥田民生は、私のSPECIALです。

あんまりがんばり過ぎない仕事ぶりも
やる気あるのか?と思いきや、実はなんとも奥の深い歌詞も
かっこ良すぎるギターやビブラートの効いてないまっすぐな声も
昔からすごく好き。

出たアルバムはちゃんと聴くとか、新曲情報や活動状況は常にチェックとか
そんな事は全く(と言って過言では無い程)皆無ですが、そんなのはいいんです!
忘れてるようでも実は心のどこかに常にある感じがSPECIALなんだから!!(鼻息荒)

そんないいかげんなファンでも気になる時が時々あります。
今日気になったのはこれ。

民生


スカパラと再びコラボするという記事。
随分前だったと思いますが、『美しく燃える森』という曲で一緒に歌っていた事があって
それが、けっこうスカパラチックな歌で、
「あ~~こーいう民生、あんまり見た事ないなぁ」と思ったのを覚えてます。
あまり見る事の出来ない
”真面目でかっこつけた?奥田民生”が見れる数少ない機会なので(笑)
どんな曲かなぁ~~とちょっと待ち遠しい。

・・・けど、いつもこんな感じだったら、きっと好きにならないんだろうなぁ。
惹かれるのは、ゆるりと力抜けていられる余裕は実は芯にある自信や力なのねって感じですかね(笑)?

美しく燃える森美しく燃える森
(2002/02/14)
東京スカパラダイスオーケストラ谷中敦

商品詳細を見る










『ヴァージン・スーサイズ』

Category : movie&music&book

ずーーーっと前に見たこの映画。
ふと思い出して見直したのは、サントラ版のCDを
久しぶりに聞いたら思いがけずに(?)良かったから。

「永遠に少女でいる事」を選んだ彼女達の気持ちは
悲しくて、なんともやりきれない感じではあるけれど、
彼女達の持つ、刹那感はなんとなく理解出来るような気もする。

少女達の儚さが、全体的に露出の高い映像のカラーと相まって、
ものすごく美しい映画だなーというのが感想。
この監督の、表現と色彩をリンクさせて表現する感じすごく好きです。

10代の頃を回想していくストーリー展開の中で、
「彼女たちはもう女で、愛や死について理解していたが、
僕たちは騒々しいだけのガキだった」という台詞が印象的。

女は子供の頃から常に女なんだよな~~と思ったけど
それは、もしかしたらまだ私が大人になりきれてないだけなのかも。
(・・・ま、いい加減にしろよって当然言われるけど)

ヴァージン・スーサイズ オリジナル・サウンドトラックヴァージン・スーサイズ オリジナル・サウンドトラック
(2000/03/08)
サントラスタイクス

商品詳細を見る
ヴァージン・スーサイズ [DVD]ヴァージン・スーサイズ [DVD]
(2001/02/02)
ジェームズ・ウッズキャスリーン・ターナー

商品詳細を見る


ジョニ・ミッチェル

Category : movie&music&book
逃避行

寝不足の雨の日、開店前、
準備も終わってほっと一息の静かな時間。

偶然にジョニ・ミッチェルとか流れるとシビレます。
・・と思ってると
お客様の階段を上る足音。

さて、今日も始まり。


みんなは『BLUE』がいいって言うけど
私はこの『HEJIRA』が好き。
『HEJIRA』とは、アラビア語で”逃避行”という意味だそうです。
予言者モハメッドがメッカの迫害から逃れてメディナに移住した事を指すらしい。

・・・無意識の願望が私を引き寄せるのでしょうか(大笑)


BlueBlue
(1994/10/26)
Joni Mitchell

商品詳細を見る
逃避行逃避行
(2006/09/27)
ジョニ・ミッチェル

商品詳細を見る


なんでだろう?

Category : movie&music&book
なんで、急にものすごく見たくなったのか判りません。
きっかけも思い当たらないし、誰かに勧められた訳でもない。

自分でもすごく不思議なんだけど
どうしても、どうしてもすごく見たくなって
このところ立て続けに買ってしまうこの人の本

→続きを読む

『ブライアン・ジョーンズ~ストーンズから消えた男』

Category : movie&music&book
bj.jpg


ずっと気になっていたこの映画

ローリングストーンズの創設者でありながら、メジャーになるにつれて
ストーンズに自分の居場所を無くしてしまった元リーダー。
彼自身のこだわりや身勝手さも多分にあるとは思いますが、人の人生って
やっぱり関わっていく人々によって変わってしまうんだなーとつくづく思いました。

この映画の中では、ミックやキースが彼の事をどう思っていたか・・などは
あまり描かれていませんが、元々は彼ありきの彼らでありストーンズであったはず。
道は大きく分かれてしまったけれど、60歳を超えた彼らの心の中に
彼に対する特別な、温かい、大事な想いがずっと続いているといいなぁ・・。

たった27歳で亡くなったしまった彼。
もしあんな事がなくてもっと長生きしていたら、きっと変わる事も多かったんだろうと
思う。友人がいて、恋人がいて、時代は流れて、才能がある。
大変な事も多いけど、長く生きるってやっぱり大事!って思います(笑)。

ところで、映画の中の60年代のファッション!
アートとカルチャー色が強くてなかなか面白い!
今の流行がそれとリンクしている感じもなんだか不思議です。

そう考えて見ると、ウマく言えないけど
なんか、今って、みんな普通におしゃれだよなぁ・・・。



→続きを読む

『 007 慰めの報酬 』

Category : movie&music&book
007-2.jpg


カジノロワイアルの続編とも言えるこの映画

どうしても”続編”って感じが否めないのが残念。007が007として生きて行く覚悟を描くには2本必要だったってことでしょうか。
あ、でも、ものすごくゴージャスでおしゃれでカッコよかったです。

愛に傷ついた気持ちは、愛でしか癒せないとか言うけれど、
本当の意味で癒せるのは自分自身の納得だけなのかもしれません。
・・・なんとも切ない。

本当の意味での『007』になったボンドの今後の活躍が楽しみです。


プロフィール

su-ha

Author:su-ha
お店のHPはこちらから。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ちょこちょこ行くトコ
カウンター
ブログ内検索
過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。